TEL アクセス カレンダー

岐阜県岐阜市向加野にある
街のお医者さん

058-241-3431

プライバシーポリシー

あいかわ橋通信 第14号

御覧頂いている皆様、こんにちは。
クリニックから日常の診療や医療に関する情報などを、この紙面でご紹介させていただこうと思います。

警戒 ウイルス感染症 〜知識と対策を〜

しばしば報道で騒がれるウイルス感染症。話題になっているものをいくつか取り上げて確認していきます。

10倍増加!風疹

飛沫感染(咳や鼻水でウイルスが拡がる)で拡がる風疹。本年は昨年に比べ10倍の患者数となっており、注意が必要な状況です。

症状は発熱、発疹、リンパ節の腫れなどで比較的軽症なものが多いのですが、最大の問題は妊婦に感染した際に、胎児に深刻な影響を及ぼすことがあることです。風疹ウイルスを妊婦に近づけないことが極めて重要です。

近年は男女ともに風疹ワクチンの定期接種が導入されており、効率に風疹に対する抗体を獲得し、かかりにくくなりました。しかし、30~60歳の男性は予防接種を受けていない年代であり、風疹にかかってしまう可能性が上がります。

風疹抗体検

風疹にかかった記憶がない。そして予防接種を受けたこともわからない、という方は風疹抗体が身についているかどうかの血液検査をおすすめします。

岐阜市では、以前より妊婦の夫であれば無料での検査でしたが、最近になりそれ以外の男性も無料検査が可能になりました。血液検査で風疹抗体が陽性ならば、ワクチン接種は不要となります。

ワクチン接種はどなたでも可能ですが、妊娠希望の女性、妊婦の夫で抗体がついていない場合、以外は実費負担となります。

決まりが難しいと思いますので、検査、予防接種などについてお困りであれば、スタッフにご相談ください。

今年も猛威?インフルエンザ

ワクチンといえば、毎年この時期になると話題になるインフルエンザ。今年も都市部で早くも拡がりを見せています。インフルエンザはウイルスの種類が多いため、流行りそうな品種を選んでワクチンが作成されていますが、近年一本のワクチン内の品種が2から4に増やされたことで、ワクチンが高価、生産困難となっています。

毎年、予防接種をご希望されるみなさんにお届けできるように、手を尽くしてワクチンを確保していますが、今年は非常に厳しくなっています。

インフルエンザワクチンに限らず、他の予防接種もできる限り対応させていただきますので、ご希望あればクリニックまでご連絡、スタッフにご相談いただければと存じます。

インフルエンザについてはもう一つお知らせがあります。今シーズンから感染時に一回内服で治療の薬剤が発売、処方可能となり、これまでの吸入薬と合わせて治療の幅が拡がりました。

不幸にもインフルエンザに感染してしまった折には、できるだけ早く治療導入し、症状が軽く済むようにお手伝いいたします。

健診おつかれさま

本年は昨年を大きく上回る方が当院で健診を受けられました。健康管理の第一歩、健診を今後もぜひ活用してください。

旬の食材〜ジビエ〜

最近耳にするようになったジビエ料理。ジビエはフランス語で、狩猟した鳥獣のことを指し、日本では古来からイノシシやシカを食用としており、実は馴染みが深いものです。

ジビエの魅力。美味しい肉だけではなく、栄養も豊富です。イノシシは豚肉よりもビタミンBや鉄分、亜鉛が充実しており、鹿肉は良質な蛋白と脂肪酸、そして鉄分を含み、貧血の方や筋肉を育てたり、ヘルシーにお肉を食べたい方にお勧め。

ジビエで注意しておきたいのは必ず火を通して食べること。寄生虫やE型肝炎など毎年報告があり、命に関わることがあります。

山の恵み、ジビエ。なかなか手に入れることができない食材ですが、美味しく利用し、害獣駆除のお手伝い気分も一緒に味わってはいかがでしょうか。

あいかわ橋クリニック診療内容

内科一般・皮膚科

消化器内科中心に内科一般の診療を担当します。肛門科として痔疾なども診療します。皮膚疾患も内科の延長として対応します。

小児科

小児専門医ではありませんが、かかりつけ医として、小児患者様の診療、処方、予防接種に対応いたします。

精神・神経科

当院では専門書類の対応できず、皆様にご不便をおかけします。これまでの診療状況を踏まえ、病状の診察、内服処方や調整、相談を継続いたします。

脳神経外科

木曜日は脳神経外科専門医の坂井医師が診療担当です。特に頭痛や脳神経疾患の診療相談をお受けできます。

(佐藤寛之)
2018年11月